ねこものがたり

プログラミング学習の記録

HTTPとは

定義

HTTP(HyperText Transfer Protocol)は、Web のサーバと、クライアント(ブラウザ)の間で、ウェブページを送受信するためのプロトコルです。基本的にはテキストメッセージを交換することにより、実現されています。

プロトコルは「手順や規則などの約束事」なのでサーバーとクライエント(ブラウザ)間の送受信に関する決まりごとということ。

決め事

1.何を送受信するか

クライエント→サーバ:リクエスト サーバー→クライエント:レスポンス

2.どう送受信するか

テキストメッセージを送り合う テキストには構文がある

3.メッセージ構文

リクエストの構文

項目 書き方とか
リクエスト行 メソッド パス名 HTTP/バージョン
ヘッダ
(空行)
メッセージボディ

メソッドを記述してサーバにどうしてほしいかを最初に書く。

レスポンスの構文

項目 書き方とか
レスポンス行 HTTP/バージョン ステータス番号 補足メッセージ
ヘッダ
(空行)
メッセージボディ

ステータス番号を見れば、リクエストが通ったか失敗したかなぜ失敗したかがわかる。

参考にしたサイト

HTTP入門

telnetでブラウズ(HTTP)