ねこものがたり

いちにちいっぽ

『WEB+DB PRESS Vol.121』を読みました

gihyo.jp

https://github.com/neko314/WEB-DB-PRESS121

Ruby3.0の特集が難しくもあり楽しくもあり難しかったです。そもそもRubyってどうやって動いてるのかが気になり始めてしまって気付いたら『Rubyのしくみ』を読み始めています...!

感想

個人と組織の目標がリンクする管理手法 OKR運用指南

OKRの名前や簡単な考え方は小耳に挟んだことはあれど実際に自分がOKRをやったことがなかったり特に本を読んだりなどしていなかったので、ほぼ初めてOKRのことをちゃんと学ぶ機会になった記事でした。

「目標は達成できるかどうか6,7 割のちょっと難しい事柄を」 「組織としてのOKRと個人としてのOKRを関連付ける」 みたいなことって言うのは簡単だけど実践難しいですよねー

でも読んでいて思ったのは、これを今働いてる組織に求めるのではなく、自分個人に対してやってみようかなということでした。自分の目標や目標に対しての振り返りにOKRを使うのは最初の一歩としてはとても良さそうな気がしています。

それから印象的だったのは「OKR≠人事評価制度」という説明でした。 眼から鱗という感想と「それはそう」という感想と入り混じっているのですが、前者はOKRみたいな目標設定パッケージって評価制度のために生まれていたんだと思っていたことが理由。後者は「確かにOKRの思考や項目を見ていくと成果を出すための手法であり、誰もそれで人事として評価しろなんて行ってないんだよなー」という納得感からでした。

長々と感想を書いていますが、人事評価も目標設定もどちらも今までぜんぜんしっくりきたことがなく、さりとて自分に代替案や改善案があるわけでもなく。 目標設定や中間面談、評価面談の時期に「うわーーーーいやだーーーー評価者も私も納得してる目標なんてない!何にも達成なんてしてない!!毎日仕事して良いコードを書く良い物を作るそれで売り上げやUXが少しでも向上したらと思って試行錯誤はしているけど!!!!それが何だって言うだっていう感じになってしまう時期がやってきた!!!!!」と言う感じなので、ちゃんとしていきたいし毎日を楽しく生きたいなと切に願っています。

その他

PHPのcomposerやGoのGoモジュール、PHPでの時間の扱いの話、Javaの並列処理の話...を読んでて「開発するのに言語問わない領域や値の扱い」についての基礎力を自分がちゃんと持っていれば、どの言語でも(その言語自体の習得や思想の理解に時間は要せど)それなりにちゃんとしたコードが書けるのではないかと言う気がして心が躍る感覚を覚えました。

JangoでREST API書こうって言う記事があったんですけど「Pythonか!触ってみたいんだよな!でも今Goやってるから少し後回し」と思って読むだけにしました。私なりの自制。APIを今はRailsでしか書いていないけど、Go、Pythonと書けるようになったら視界がひらけた感じがしそうだと想像しています。

そう思うと、Goを今基礎からじっくりやってるんですけどもうちょっとペース上げてやれるようになって時間を生み出したいです。でも早くやると全然身につかないんだよな...どうしたらいいんでしょうか。

終わりに

この1冊を読みながら、途中途中で紹介されたり広告に載っていたりした技術書を5冊くらい買ってしまいました。いつ読むんだろうね。

『Software Design 2021年2月号』を読みました

gihyo.jp

1月号を読み終わって10日くらいでしょうか。2月号を読み終わったので今の自分にとって特に面白かった内容について感想を書きます。

感想

「何からやるか,どこからやるか」がわかるシステム監視の始め方・続け方

監視に興味はありつつ一歩踏み出せなかった私にとってちょうど良い入門・指南の特集でした。 興味があったのは、モニタリングって「正常に稼働しているか」というチェックだけでなく、使われ方(いつも何時頃がピークだねとか)を把握したり、「優先的にここのパフォーマンスをよくしよう」と改善の戦略を立てたりと活用できると思っているからです。

DatadogやCloudWatchのダッシュボードをそんなふうに眺めて見たことはあった、というのがこれまでの私です。 「人様が作ったモニタリング資料を眺めてモニタリングしている気になっている自分」から「モニタリングの主体者になりたい」というのが、一歩踏み出したかった気持ちでした。

「モニタリングとは」という全体観から徐々に詳細や実践的な内容になるという構成だったのが、そんな自分にぴったりだった要因の一つだと感じでいます。また特に良かったのがDatadogを無料でお試しして自分でメトリクスやダッシュボードを組み立ててみようという章でした。Datadogにトライアル期間があるのは知っていたけど、「何をどう可視化すればいいのか」というのがいまいちわからなくてトライアルにすら手を出せていなかったので、サンプルリポジトリがあったりするのが助かりました。

余談っぽくなりますが、terraformでダッシュボード作るという部分が感動的でした。terraformすごい。

Visual Studio Code 快適生活

もう26回にもなる連載記事です。 私はVS Code使っているんですが、正直言ってちゃんと使いこなせてないんですよね...必要最低限というか。 先ほどの監視の話と通じそうですが「なんとかしたいんだけどなんか行動できてないしちょっと後回しにしてる」みたいなところがあって、ちょっとずつでもどこかでガッとやるでもいいのでなんか改善したい気持ちが燻っているのを自覚する連載...。 今回の内容は「対応環境のおさらい」だったので、「エディタを使いこなそう!」という感じとはちょっと違ったんですが、その時の新いバージョン(1.52)のリリース内容が紹介されていて「あ、そんなことできるようになったんだ」って思いました。手元でVS Codeのアップデートした時にリリースノートちゃんと読んでないから全然知りませんでした。改善の一歩としてまずあのリリースノートをちゃんと読もうと思いました。

終わりに

軽く読むだけだった記事もあるけど、基本的にすごく楽しいので、これは毎月ちゃんと読んでいきたいと改めて感じました!!!

また、1,2月号読んでみて、何かしら面白そうと思った記事では自分も手を動かすという時間を含めて、大体1週間から10日で読み終われるということがわかってきました。昨日『Web+DB Press 3月号』が出たので、今は『Software Design3月号』と合わせて2冊未読な状態だけどだいぶ追いついてきました。あと2週間くらいこれらを読むことに時間を使って、今後は毎月月末月初の1,2週間(長ければ3週間)程度を雑誌購読に充てるというふうにやっていけると良さそう、と思ってます。3月からそのペースと習慣を作っていけるようにしたいです。慣れたら合間に他の技術書を読んだり、他のことをやったり(今の自分でいえばGoとか)するようになったら最高。