ねこものがたり

いちにちいっぽ

2020年振返りと2021年の目標

2020年の年始に書いた決意のエントリー

neko314.hatenablog.com

全部はできていなかったり、できたこともあったり、引き続き2021年もやっていきたいことがあったりするので整理してみます。

言語・フレームワーク

2020年はTypeScriptが「これは楽しい」と思うくらいには仕事でも書いたりして結果的に大変良かったです。 お仕事で書けたのは「やりたいです!」って言ってチャレンジさせてもらえたからなので、すごく感謝しています。

その前の2019年もJS(プレーンなJSそのものとVue.js、Nuxt.jsあたり)をやっていたので、この2年間弱くらいで「JS私好きだな」って思うようになりました。

それ以外に、列挙した言語の中でもう一つくらいやりたかったのだけど余力が足りませんでした。1年1言語というのは最低限やるとして、無理のない程度に2言語習得できると良いなっていうのが2020年振り返っての手応えです。

2021年は、GoとKotlinが自分の中で機運高まっています。(Kotlinずっと言っててずっとやってないw) 2022年くらいにRustができると良いでしょうか。

個人開発

急激にモチベーションが下がって何もしていないw

CSとかアルゴリズムとか

トライしてました!でもいきなり難しいことをやりすぎて出直しをはかっています。自分が想定していたよりもっと簡単なところから始めないとダメだっていう気づきが得られたのは良いことかと思っているんですが、そんな感じなので特段新しいことを習得はできていないかもしれません。 もう一つの気づきとして「アルゴリズム」という単独の分野として扱うよりも、例えば「Goをやりながら簡単なソートを実装する」という感じでやってみるのが良さそうだと思っています。2020年に途中で止まってしまった要因の一つがこれかなと感じています。実際、いつかAsakusa.rbで「自分で作るのが一番わかるよ」というアドバイスもいただいたので、やっぱりそうだろうと感じてます。

そのアドバイスいただいてから少し期間が経っているのですが、2021年はそれにチャレンジしていこうと思っています。ねたは『アルゴリズム図鑑』っていう以前買って読んだことはある本で、この中に出てくる処理を自分で実装してみようかと思っています。

読書

WEB+DB PRESS』とか『Software Design』あたり、気になった号をそこだけ読むという感じでやっていたんですが、定期購読していこうと思います。

それから2020年、夏に転職をしたんですが、転職後思いっきり読書しなくなってしまいました...それまでは月1,2くらいで技術書を読んでいたので、転職後の停滞感が半端ない。これは転職先がどうとかっていうことでは全然なくて、転職というライフイベントのバタバタ感に流されたというか、自分で時間をコントロールするスキルと意識が低かったことに起因していると感じています。「成果を出さないと!」と思って退勤後も夜ずっとコード触っていたりとか。

年末年始というちょうど良いリセットのタイミングなので、時間の使い方を良い方向に振り切っていきたいと思っています。読書量は以前のように月1,2冊ペースでいけたらいいなって思っています。まずは月1かな。

その他

1つ目:絶対に登壇したいって思っているわけじゃないというかむしろその逆だし「いやいや、登壇とかしなくていいんで」って気持ちがあるタイプの人間なんですけど、2021年にもし何かしら(LTとか)人前でお話しする機会があったら、技術的な話をしようと思っています。

2つ目:開発を(仕事じゃなくても)するようになって精神状態がパフォーマンスにこんなに直結するのかと驚いたり体感したりして、メンタルコントロールって超重要って感じています。今年は自分なりのメンタルコントロール手法を確立したいと思っています。メントレ受けるのも視野に入れたりしていますが、手軽なところでは定期的にカラオケに行く優先度上げようとか、そんなのもあります。 特に上半期で、自分の志向や価値観、落ち込む傾向などを分析して自分をコントロールするスキルを上げていきたいです。

まとめ

なんだか少し前まで「やりたいことがたくさんある!」って思っていたんですけど、最近少し減ってきて「たくさんはあるんだけど、一番はこれかな」って自分でわかってきたように思います。自分としてはなんと言っても新い言語をやるというのが一番楽しいし他の言語をやることでその言語で得られる楽しさを感じたり好きになったり、Ruby自体ももっと好きになったり「他ではこうだけどRubyはこう」と知れたりすることに充実感を覚えます。

このエントリーには書いていないプライベートなことも含め、2021年を幸せに生きていきたいと感じています。関わってくださったみなさま、2020年ありがとうございました。新年もよろしくお願いいたします。

Rails Girlsのガールズからコーチに移っていく自分のマインドを振り返ってみました

こちらはRails Girls Japan Advent Calendar 2020 24日目の記事です。前回は@ericgpksさんのRails Girlsに助けてもらった1年でした。

自分の中の”私は教わる側”意識

私がガールズとして参加したのは2017年のRails Girls Tokyo 8thでした。

その後現在に至るまで、Rails Girls後の継続的な支援の場として開催していただいている Rails Girls Tokyo, More! に参加しています。

Rails Girlsにもガールズとかコーチという役割はあるんですが、本編と異なり「私はガールズに申し込みました」という形ではなくて、Facebookの出席登録で参加表明になるという仕組みになっています。

プログラマーとしてお仕事についてしばらくしたあたりから、「私は今日ガールズか???」と薄ら違和感を抱きはするものの「コーチです!」ともいえない自分がいて、「自分の中の”私は教わる側”意識が消えないな」ともやっと感じるようになりました。

私にとってのコーチと自分

自分がガールズとして参加したRails GirlsやRails Girls Tokyo, More!では、コーチがこんなふうに見えていました。

  • なんでもすぐに教えてくれる
  • なんだか自信に満ちている
  • もう何年もプログラマーとしてやっている
  • とにかく経験も知識もある

実際、あとで話を聞いたりいろいろな方と直接お会いしたりするようになって「あの時のあの人はこんなにすごい人だったのか」と知るパターンばかりだったんですが、「コーチってそういう人がやるものなんだ」というハードルの高さのような、自分はまだまだすべての要素が及ばなさすぎるという気持ちがありました。

今の自分にあるものを値踏みしないこと

よく「いい質問が成長の鍵だ」というような記事をみます。 それは本当にそうだと思います。 私も良い質問を怖じずにやっていきたいと日頃から心がけています。

それと同時に、自分の中の”私は教わる側”意識に気付いて以降周りを見渡していて気付きました。 「質問を怖じないのと同じくらい、自分の経験や知識をオープンにしすることを怖じなくてもいいし構えなくてもいい」と。

知識や理解ではなくても、ちょっとした疑問とそれに対する自分の考えも、アウトプットをすることを惜しまない方がみんなが良い方向に向かうことが多いかなというのは仕事でもよく感じています。

そういう日々を過ごしているうちに、アウトプットの延長に、教えるという行為もあるのかなと思うようになりました。

Rails Girls Tokyo 12thではコーチをしました

私が初めてコーチをしたのは、Rails Girlsに参加してからは2年後、2019年に開催されたRails Girls Tokyo 12th。 プログラマーに転職して半年強の頃でした。

当初コーチに応募するかどうかとても迷っていたけれど「”誰かの背中を押したい”という思いがある人にコーチをやって欲しいんだよ」という言葉を聞いて応募して、コーチとしてRails Girls Tokyoに参加することになりました。

実際当日は、ガールズーコーチの間だけではなくコーチ間でも助け合いがあって、slackなどで「こんなふうに詰まってて困っているのだけどわかる人いませんか?」とか「ここってどうですかね?」というやりとりがあったので、自分でもなんとかやれたかなと思います。

そんなこんなでもちろんコーチとして十分役割を全う出来るよう事前準備は頑張るんですが、「教えなきゃ!」と思いすぎなくてもいいなと肩の力が抜けたのを覚えています。(でも次やったらその時よりはうまくやりたい!とは思っています。)

まとめ

唐突にまとめますが、これまでの日々を経て、今では「教える側ー教わる側」とバッサリ二分する必要はないなと思っています。

もちろん圧倒的に学ぶことが多いことは自覚しています。でもだからと言って「自分には教えられること・伝えられることはない」とは思わなくていいし、自分が何気なく当たり前のように思っていることも、話してみると意外と「えーそうだったんだ!」という反応だったりします。 なのでそういうオープンで自由なやりとりをしていけばいいかなというのが今の気持ちです。

今はオンラインで開催されているRails GirlsTokyo, More!ですが、次回参加する際も「ガールズかな?コーチかな?」な感じで参加して、「教えてください!」って言ったり「あーそれってきっとこうですよ」と言ったりしていれたらいいかなと思っています。

そしてコロナ禍が明け、次にRails Girlsが開催できる時にはコーチに応募するぞと思っているので、来年は安穏な一年になるよう心から願いを込めて、Rails Girlsも開催できますようにと祈りながらこのエントリーを締めさせていただきます。

みなさま、今年も一年間ありがとうございました。