ねこものがたり

いちにちいっぽ

感想

Googleのショッピングリストをいい感じにしたくて諦めた話

Googleのショッピングリストが使いづらい。具体的には、 - Googleアシスタントでの音声操作が追加しかできない。 - 中身を見るにはブラウザを開かないといけなくて、もっと買い物してる場面でサクサク度を上げたい。 - 買い物リストの中身もっと気軽に確認し…

AWS のあれこれと CDKを改めて勉強しています

AWSのクーポンをゲットしたのでIaCを自分でもかけるようになるために、クーポン枠内であれこれ勉強してます。 仕事ではいきなり本番でやってみるぞ!だったので、雰囲気はわかったけど、もっと広く触りたいし失敗もしてみたい気持ちが高まってました。 コロ…

銀座Rails#20に参加しました

3月後半から全く何も参加してなかったのでおよそ1ヶ月ぶりのイベント参加でした(しかもオンライン) ginza-rails.connpass.com ちょっと疲れ気味だったので、まったりと甘めのカフェオレを飲みながらお話を聞いていました。 資料 speakerdeck.com speakerde…

AWS女性エンジニア限定ワークショップに参加しました

AWS主催のハンズオンに参加しました。 awsjapanmeetingwomanatawsfeb.splashthat.com タイムテーブル Meeting Woman at AWS Premium Support - Documents 時間 内容 10:00 - 10:20 概要説明 10:20 - 11:00 ハンズオン Step1 (EC2インスタンスの作成と起動) 1…

『なるほどUnixプロセス ― Rubyで学ぶUnixの基礎』を読みました

『なるほどUnixプロセス ― Rubyで学ぶUnixの基礎』を読みました! 120ページ弱なのですぐ読めるだろうと思っていたら、Unixのことなにもわかってない私にはハードな箇所が多くて「ん?ん?なるほど?にならないぞ?」と思いながらの1周目となりました。なる…

大江戸Ruby会議08に参加しました

regional.rubykaigi.org くノ一トーク Rails Girl Tokyoの歴代オーガナイザーずでお話しました! 話のメインは、事前に募ったツイッターでの質問に答える内容でした。 これについては思いがありすぎて語りきれないのですが、オーガナイザーずのみなさんと一…

Omotesando.rb #54に参加しました

omotesandorb.connpass.com 偶然「コードリーディングどうやってますか」っていう相談をTama.rbのSlackでしていたら、このイベントが公開直後で「ちょうどいいのがある」と教えてもらったから即申し込んだのですが、キャンセル待ちがでる盛況っぷりで参加で…

『実践TypeScript』を読みました

年末年始、ほぼほぼTypeScriptのこちらの本をやっていました。 book.mynavi.jp 感想 configの説明から始まっていて、TypeScriptが何をどうチェックしているのかという視点で理解することから学習できる点がとてもよかったです。 各章、各節がとても短いので…

RubyWorld Conference 2019に参加しました

2019/11/7-8に島根県松江市で開催されたRubyWorld Conference 2019に参加してきました。 帰路、出雲縁結び空港のラウンジでこのエントリーを書いています。 初参加の感想 RubyWorld Conferenceへの参加は初めてでした。 松江に赴くのも初めてでした。 このカ…

技術書典に初参加して次回への学びが得られました

初めて技術書典へ。 甘く見ていてすごく疲れたので、次回参加するときへの覚書として今日の感想を残しておきます。 事前準備 全ては疲れないため。 「ちゃんとサイト見ような」っていう一言に集約されたりもします。 1. サークルチェックはしておく 「本屋の…

銀座Rails#13に参加・登壇してきました

銀座Rails1周年の回で、初めての技術話をしてきました! ginza-rails.connpass.com 自分の発表について speakerdeck.com スライドに全部書いてある通り「色々やってみたけど何もわからなかった」という発表になってしまいました。 ですが、手を動かし調べて…

Builderscon 2019に参加してきました

イベントについて builderscon.io buildersconは「知らなかった、を聞く」をテーマとした技術を愛する全てのギーク達のお祭りです。 祭りだワッショイ! ということで楽しそうなので今年初めて参加しました〜 楽しかった!わっしょい! 感想 私が参加したこ…

mrubyから入るシステムプログラミング入門 に参加しました

このイベントについて handsons.doorkeeper.jp コンテナとミドルウェアならうづらさん、なうづらさんに直接学べるハンズオン。 今年のRubyKaigiで「楽しそうだな〜」と思ったもののmrubyって何からやればいいんだ?というのがいまいちわからないなと、なんと…

Ruby Hack Challenge Holiday #5 に参加しました

Ruby Hack Challenge Holiday #5 主催:笹田さんと遠藤さん(強い) 内容:Rubyをハックする(強い) rhc.connpass.com なぜ参加したのか 「Rubyをハックする」っていうのがかっこよさそうだけど”難しそう”というのがまず最初にイベントページみたときの印象…

Tama Ruby会議01に参加しました

Tama Ruby会議 tama-rb.github.io Tama.rb主催の初・地域Ruby会議! コミュニティーロゴもサイトもデザインが machida さんなのでとてもかわいい。すごい。 Tama.rbのみなさんにはいつもお世話になっているし、勉強させてもらってるし、仲良くして頂いてるの…

TokyuRuby会議13に参加しました

TokyuRuby会議とは regional.rubykaigi.org TokyuRuby会議について TokyuRuby会議は、東京で開催される Regional RubyKaigi です。 Ruby に興味を持つエンジニアが集う Tokyu.rb 主催の LT 大会です。 飲み食いしつつ、みんなで LT をして盛り上がろうという…

Grow.rb #1に参加しました

2019/5/17に開催されたGrow.rb#1に参加しました! Grow.rb第1回:EnumerableをRubyで再実装してみよう! - Grow.rb | Doorkeeper 内容 テーマが「EnumerableをRubyで再実装してみよう!」だったわけですが、予め用意頂いたテストが通るように自分でメソッド…

TokyoGirls.rb Meetup vol.1に参加しました

TokyoGirls.rbとは techplay.jp 女性も参加しやすい(でも女性限定ではない)Ruby勉強会 とのコンセプトで初めて開催された勉強会でした! スポンサー枠で参加 もともと個人的にも参加しようとは思っていたんですが、バイト先のアクトインディが託児スポンサ…

"Mentorship Night - Same field, different perspectives"でLTをました

イベント www.meetup.com 経緯 去年の秋たまたまTwitterでWoman Who Code Tokyoのイベントを見つけて、面白そうなので行ってみようと参加しました。 一人で「えいや」と参加したのですが当日偶然@chinatz さんが参加していました。彼女が主催者の一人と友人…

大江戸Ruby会議07に参加しました

regional.rubykaigi.org かねてより噂は聞いていた大江戸Ruby会議。 「生活発表会」というわかるようでよくわからないキーワードとともに耳にしていて、”ちょっとよくわからないけど楽しそう!”と思っていました。参加してみたらすごく楽しかったです。 生活…

スクラム開発の感想

Fjord Boot Campでスクラム開発が始まりました これまでFjordの共同開発の課題では、各々がメンターの駒形さん、町田さんとやりとりしながら進めていました。私も最初そんな感じでしたが、開発に加わるようになってまだ間もない時にスクラム開発でやっていく…

Rails Developers Meetup 2018 Day 3 Extremeに参加しました

7/14に開催されたRails Developers Meetup 2018 Day 3 Extreme に参加してきました。 初めて参加したのですがめちゃくちゃ濃い1日で参加してとても楽しかったです。 準備運営してくださった皆様、本当にありがとうございました!!! 個々の発表についての…

共同開発に参加してみて

Fjord Boot Campの課題もそろそろ終盤に入ってきました。 そして実際にFjord が開発しているプロジェクトに加わるという課題に突入です。 ついに! GitHubは基本的にセルフプルリクセルフマージばかりだったので、初日から知らなかったこと教えてもらったこ…

アジャイル開発とかスクラムとか

読んだもの アジャイルサムライ――達人開発者への道 スクラム入門 株式会社永和システムマネジメント アジャイル事業部 アジャイル開発 ESMによる定義 開発がアジャイルであるということは、利用者と開発者が協調し、フィードバックに基づいた調整を行い続け…

RubyKaigi2018に参加しました

はじめに Rails Girls JPの支援を受けてRubyKaigiに初めて参加してまいりました。 諸事情で今年は参加は諦めようと思っていたのですが、行けて本当によかったです。今では「諦めよう」と言っていた自分が目の前にいたら「なんで?それでいいの?後悔するよ?…